キャバ嬢にお店に来て欲しいと思われる人になる

連絡先を好感してからのキャバ嬢との関係の進め方

まずは、ステップ1でキャバ嬢との出会いから、初めての印象の持たせ方までを書いてきました。

 

ステップ2では、キャバ嬢にとってはお客さんでしかないあなたが、一人の男性として興味を持ってもらえるような行動や言動に注力しなければいけません。

 

ステップ1を順調に踏んできた人は、キャバ嬢から見ると、この印象しか残っていません。

 

「お金も持ってそうだし、いいお客さんになりそう」

 

この印象を少し時間をかけて、お客さんというところから脱出しなければいけません。

 

しかし、お客さんとして都合がいいこともあります。いわゆる同伴やアフターに誘うなんてのは、お客さんならではの権利です。

 

ラインやメールも、お客さんとして思われているから、週に何度も連絡が来るのであり、お金にならないやつだと思われている人から順に切られていきますからね。

 

つまりは、一人の男性として確実に近づけそうな関係になるまでは、一気に口説き落とそうと走ってはいけません。

 

 

ホストにハマるキャバ嬢がいる理由を考えてみよ

 

キャバクラで飛んでいく1万円、2万円は、普通の会社員である私にはもちろん大きいです。そして、お金の管理ができない人は、キャバクラで人生をダメにしてしまう人も少なくありません。

 

50過ぎた管理職のおっさんが、スナックのママに入れ込んで、、、みたいな話しは年中あふれてます。

 

キャバ嬢は、そういう世界で、ダメ人生を歩むダラしない男を目の当たりにしていることもあります。

 

しかし、その仕組みを知っていながらも、ホストにはまってしまうキャバ嬢というのも少なくありません。いわば性別が違うだけで同業ですよ。相手の手口だってわかっているでしょうに。

 

これは、ホストがモテるからというのが理由ではありません。

 

理由は、あなたがキャバクラに行くのと同じ理由でしょう。ストレス解消だったり、非日常的な時間だったり、華やかさだったりと、言葉にするのは難しいですが、それをあなたに与えてくれているのがキャバ嬢です。

 

つまり、与えてもらってる間は、お客さんでしかありません。気を使わせているうちは、お客さんでしかないのです。

 

ですから、先に変るべきはまず自分です。

 

お客さんであることを今すぐ辞めましょう。

 

お客さんであることを今すぐ辞める

 

ステップ2は、会話やラインのやり取りで、いかに多くキャバ嬢にキュンキュンしてもらうかということです。

 

しかし、お客さんとして自分を扱うキャバ嬢に対しても、こちらは対等な一人の人間として付き合っていきましょう。

 

普通に考えてみると、それは、何か特別な方法でもない気もします。

 

ただ、多くの男性が、王様気分でキャバクラにお客としてやってきて、下心ガッツリでキャバ嬢を口説こうとしてくれるおかげで、当たり前のことをやっている私が、キャバ嬢からよく見られているだけのような気もします。

 

具体的な内容をいくつか書いていますので、読まれてみてください。

 

●関連記事

 

うそでしょ!?はじめて行くキャバクラで・・・一撃でお持ち帰るできる・・・・

 

キャバ嬢にお店に来て欲しいと思われる人になる

 

即日速攻でキャバ嬢とやるためのノウハウ

 

キャバ嬢とやるなら、即日速攻が最も確立が高いことを知ってましたか?

 

・「タバコ辞めたんでしたかね?」って聞いてくるキャバ嬢

 

「キャバ嬢を口説く」のトップページへ