指名が欲しいキャバ嬢はフリーに頼っていたらダメだよ

指名が欲しいならフリーに頼ってたらダメだよ

キャバ嬢として、もーっと稼ぎたいのなら、フリーのお客さんを待っていてはダメです。

 

指名が欲しいあなたに、私の営業活動についてお話しします。

 

●目次
あなたの指名客はあなたが連れてこないとね
あなたは外でも営業してますか?
元派遣社員が100指名をあっさり取る
「実は・・」で誘うとなぜか男はついてくる
目標は月に5人!続ければ毎日が指名客

 

沙耶

この記事は「沙耶」が書いてます。

 

28歳。福岡の南のほうの、まあまあ大きい街でキャバ嬢9年してました。現在は、できちゃったで寿退社

 

※記事は沙耶さんの取材を元にライターさんが書かれています。本人は面倒がって書かないので。

 

 

あなたの指名客はあなたが連れてこないとね

キャバ嬢として突き抜けていくには、指名を増やしていくに他なりません。キャバクラであなたの地位を築いていくには、指名の数が最も重要です。

 

指名は、フリー客につくことから始まります。あなたを気にいってもらう、もう一度お店に名指しで来てもらうことが、あなたの明日を変えていきます。

 

 

・・・。でもね。

 

 

それじゃ、突き抜けないですよ。フリーをこっちにも、もっと回してと、あなたが思っても、他の子も回して欲しいと思ってます。

 

何よりも、お店は、絶対に指名に変えて欲しいの。だから、実力の無い子にフリーのお客さんをまわしたくないのですよ。

 

そんな待ちの営業じゃダメだと思う。積極的に、自分でお客さんを連れてくれるキャバ嬢は、どこのお店でも圧倒的に突き抜けています。

 

 

あなたは外でも営業してますか?

私は、フリーに頼らないで自分でお客さんを連れてくる営業も怠ったことはないです。

 

近年は、ルールも厳しいから、お店の前に立ってキャッチするのもダメですよね。でも、お店が始まる前に、逆ナンしちゃダメとかってルールはないんですよ。

 

同伴が取れない日は、歩いている人に声かけながらお店に行ってましたよ。そこで同伴にならなくてもいいんです。それから、飲んだあとに、さっきの、おねーちゃんのお店に行ってみよーかってなれば、それも指名になります。

 

はじめて来るお客さんを、最初から指名で入れさせれば、お店の誰からも文句は出ないですからね。

 

お休みの日に、好きなことするのもいいけど、たまには営業に時間を割いてみたりしてました。ゴルフの練習場なんて、お客さんの候補が山のように居ますからね。

 

 

元派遣社員が100指名をあっさり取る

私が、それに気がついたのは、とある出来事がきっかけでした。

 

ある日、お店に派遣で働いてた女の子が、体験入店。

 

派遣ってのは、キャバクラの派遣ではなくって、近くの大きな工場で、事務のお仕事をしてたらしいの。

 

でも、その子の指名が、とんでもなくやってきます。

 

 

男だらけの近所の職場で働いていたもんだから、辞めたあとでも、そこの、おっさん達が、毎日変わりがわりでやってきます。

 

彼女は決して、接客が上手だとか、色恋営業が上手いとかでは無いのだけれど、おじさん達は、知り合いだからって理由だけで来るのですよ。

 

近所の工場は、従業員が数千人っていましたからね。あっという間に、指名が月間で100超えでした。

 

そう。知り合いってだけで充分なのです。指名ってのは。

 

 

「実は・・」で誘うとなぜか男はついてくる

外で指名のお客さんを作ってくることは、そんなに難しいことではありません。

 

つまりは、自分で外で名刺を渡しているか否かの差でしかないんですよね。

 

ちょっと、外で知り合いになった男性には、「実は・・夜のお店で働いてるんですよ・・」と言って、名刺をあげるだけです。

 

私は、もひとつ、「内緒なんですけどね」を付け加えます。

 

男って、ちょっと単純なもので、内緒だって言われると、それだけで親近感みたいなものが、勝手に大きくなって妄想しちゃうみたいです。

 

あとは、来るも来ないも相手次第でしけれど、すでに行きつけのキャバクラがあったりしなければ、その内、想い出したように来ます。

 

行きつけのお店が欲しい男は多い

男は、行きつけのお店みたいなものを、いくつか持っていたいものです。

 

たまに、飲みにでかけたときに、自分を知ってくれてるお店へ友人を連れていきたいものなんですよね。

 

だから、名刺を渡しておくのは、かなり後々になって効果を発揮します。知らないお店で、知らない子よりも、知らない店だけど、いちおう知ってる子は、男からは、全く違うんですよね。

 

目標は月に5人!続ければ毎日が指名客

私は、外で渡す名刺を、毎月100枚、自腹で作ります。この100枚は、いかにもキャバクラって名刺じゃなくて、捨てられないように、ちょっとビジネス風なモノにあえてしてますね。会社の名刺みたいな感じです。

 

自分の電話番号は載せないですけど、自分のラインのIDとお店の名前と番号は載せてます。

 

あとは、毎月、この100枚をなんらかの形で会った人に、ばら撒いていきます。近所のケーキ屋さんでも、居酒屋さんでも。歩いてる人でも。とにかく100枚は自分に課したノルマです。

 

この中から5人お店に来てくれれば、指名客が毎月5人増えます。お店でフリーから指名になってくれるお客さんが5人増えれば、毎月10人です。

 

これくらいのペースで指名客が増えていくと、半年後には60人。1年後には120人です。

 

それを継続できれば、毎日、指名を取ることもそんな遠い感じはしないと思えてきませんか?