【保存版】キャバ嬢をお持ち帰りのまでの極意!【体験談】

キャバ嬢お持ち帰りの極意

キャバクラってプロの女の子だからお持ち帰りなんて夢のまた夢だよ・・って勘違いしてない?

 

じゃあ、夢のキャバ嬢のお持ち帰りについて、真剣に書いてみたので、イケメンでない人だけ好きなだけ読んでくれ。

 

どんな出会いよりもキャバ嬢は落としやすい理由がある

やる気マンマンの肉食女子との合コンならいざ知らず、キャバ嬢をお持ち帰りすることなんて可能なのか?

 

しかし、私個人は、キャバ嬢を落とすことは、女性を口説くなかでもカンタンなほうだとしか思えない。そもそも、そうでなければキャバクラなんて何の魅力もないだろう。

 

一般的に女性を落とすとなると、次のプロセスを何かしらの方法で踏んでいく必要がでてくるでしょう。まずは、そこらへんをざっくりと説明しましょ。

 

 

1.出会う

 

女性とは出会いはなければ始まりません。

 

 

2.誘う

 

知り合いになった女性をデートなりに誘う段階

 

 

3.好意を持たせる

 

「この人と・・」と相手に思わせる

 

 

4.お持ち帰り

 

部屋やホテルへ誘う

 

 

あくまで、ざっくりとした流れですが、ナンパであれ、合コンであれ、友達の紹介であれ、こういったざっくりとした流れで男女の仲は縮まっていくワケです。

 

しかし、相手がキャバ嬢ということに限定されると、出会ってから誘うという流れまでは、いつでも好きなときに用意されているようなものであり、ちょいとお金を持っていればどうにでもなることなんですよ。

 

は?って思うかもしれないが、意味がわかると、キャバクラが実はそんなにお高い場所ではないってことに気がつくはずです。

 

 

キャバクラからのお持ち帰りはナンパよりも成功率が高い

 

ナンパに比べれば、キャバクラで口説くことはずっとカンタンですし、お持ち帰りの確立も格段に良いはずです。先程の流れでその理由を少し教えましょ。

 

 

出会い

 

出会いというのは、本来カンタンにそこらへんでいくらでも落ちているものではありません。ナンパすればいい?って言うのは大きな間違い。女だって、顔で男を判断しますから、そーいうのはイケメンに限ります。

 

私みたいな、おっさんの顔も普通な人間は、ナンパで量産はまず無理です。合コンなんてありませんし、かりに声がかかっても、数合わせ要員ですから、苦痛な飲み会に耐えるだけです。

 

街コンやパーティーは、遊び慣れた女が、やはりイケメンから順に持ち帰るためのものですから、行くだけ無駄です。まあ、日常で出会いなんて言えば、せいぜい話しかけて仲良くなれるのは、惣菜屋のパートのおばさんです。こちらも抱きたいとも思えないような・・。

 

そう。出会いってのは、実は敷居が高いのです。ところがキャバクラはまさにパラダイスです。

 

数千円のお金を払えば、好みの女の子を自分の隣に呼ぶことができて、お話までさせてもらえるシステムが整っているのです。出会いは無限大。

 

私なんて、所詮、地方の小さな街のキャバクラですから、指名するのも千円でオッケー。出会い系サイトで、お金払って地雷踏むリスクと比較すると、この千円の使い方は地上最強だとすら思えます。

 

 

だたし、出会いは容易ですが、ライバルの数も多くいるのがキャバクラです。キャバ嬢に気にいられるためには、少しばかりのテクニックが必要になります。

 

といっても、そんなテクニック超カンタン。だって、キャバ嬢って、あくまでも仕事ですからね。そこらへん勘違いしなければ、キャバ嬢はヨユーです。

 

 

キャバ嬢をアフターへ誘う

 

出会いの後には、デートへのお誘いです。メールのやり取りで、お互いの距離を少しづつ詰めよりながら、次に会う約束をつけなければいけません。

 

途中で、気にさわる返事でもすれば、たちまち綱渡りからは転落で、ゲームは振り出しに戻ります。

 

 

しかし、キャバクラは、出会いと同時に誘うことまでが完了しているとも言えます。アフターというものが習慣としてあるからです。

 

アフターなんてキャバ嬢でも誰でもはやらないし、誘っても来ないと思ってる人は、かなりの勘違いをしています。

 

キャバ嬢をアフターに誘うことも、実はそんなに難しいことではありません。キャバ嬢の気持ちになってみればカンタンにわかることです。

 

それが、キャバ嬢が仕事だということを理解しているか?ってことです。

 

ここまでが、あっさりと出来ないのであれば、お持ち帰りなんてのはまず不可能ですが、その答えも次に用意しました。

 

 

キャバ嬢はあなたに何を期待しているのか?

 

女性は、あなたに何を期待しているのでしょうか?

 

カッコイイ彼氏を求めて合コンに来る女もいれば、真剣に将来を見据えて結婚相手を探す女もいます。

 

でも、キャバクラで働いているキャバ嬢は、彼氏探しに店には来てないワケですよ。お金です。お給料が要るんです。

 

つまり、出会いはカンタンだけども、キャバ嬢にとってのあなたが最も魅力的な要因はひとつに絞られます。

 

 

「また来て指名もしてくれてお金もいっぱい落としてくれそうなヤツ。」

 

 

キャバ嬢が客に期待していることって、コレが全てですから。

 

中にはカッコイイ男喰いたいと思ってるキャバ嬢もいるかもしれないけれど、そんなの稀だし、イケメンでない時点で勝負しようがないでしょう。

 

これがわかっていれば、アフターなんて誘うのは難しいこっちゃありません。

 

 

 

「キャバ嬢をアフターに誘いやすい条件」

 

キャバクラの仕事だって、めちゃくちゃストレス溜まります。あなたが職場で抱える悩みと同じように、キャバ嬢も仕事でストレス抱えるんですよ。

 

アフターだって、相手を選んで行きたいですし、疲れてるときに無理してまで行かないというのも最もです。全く最初から行かないキャバ嬢だって居ます。

 

しかし、最低限の条件を提示せずに、キャバ嬢をアフターに連れ出そうとしているアホが多いんです。タダで付き合ってくれるほどキャバ嬢は暇じゃないですよ。

 

先にも書いたように、キャバ嬢は仕事ですから、プライベートの時間であるアフターに、メリットもなくついてくるワケが無いんです。そうメリットは先に提示しろってことです。

 

 

一つ目はお金の問題です。

 

店でアフターに誘うときには、必ず先にコレを言わないとだめです。

 

「タクシー代1万円渡すから、アフター行こうよ」

 

 

これくらいの器量がない男は、アフター誘ってもキャバ嬢はついて来ません。彼女たちは、アフターの後に自腹で帰ることを激しく嫌います。お金稼ぎにきて、お金落として帰るなんてとんでもねー話しです。

 

「タクシーに1万円使わないだろう?」って思うのは、アホ紳士です。彼女たちは、始発がでるまで時間潰してでも、500円で電車に乗ってかえって、残りを財布に入れたいんです。そういったことを判っていながらに、タクシー代って言えるやつが紳士です。

 

これできないのなら、アフターに誘っちゃだめです。金あんまり持ってないけど、とりあえず客だからっていう、最悪な関係にまっしぐらです。ここらへんわかってない男は、お持ち帰りなんて到底ムリです。

 

 

 

2つ目は体調と気分です。

 

仕事のあとに気の合う客と出かけるなら、まだいいかもしれないですが、非イケメンのおっさんと飯ですからね。客のほうしか得しません。

 

だから、お金で買ってると言わないように、お金で彼女たちを誘いだすワケです。タクシー代っていう言葉使いながら。

 

それでも、明日にでも何か用事があったりすれば断られるし、場合によっては、そんな気分じゃないと言われかねません。

 

できるだけ、キャバ嬢が明日は休みの日に合わせるだとか、店の他の子もひとり一緒にとか、相手に合わせた提案でなくては上手く話しがまとまりません。

 

そういったキャバ嬢にとってのマイナス要素を排除しつつ、タクシー代と次回の指名をチラつかせてアフターに繋げましょう。キャバ嬢にメリットあるアフターの提案になっているか?というのが重要なのです。

 

そもそも、無理やりにアフターに連れ出したところで、お持ち帰りは無理ですからね。気分よく連れ出せるかで、すでに負け戦になってしまいます。

 

 

 

アフターでキャバ嬢をその気にさせれば勝ち

 

ここまででも、通常の出会いからデートまでに比べると劇的な速さです。2〜3万円ほどお金は使ってるかもしれないですが、一般的な出会いに比べれば、ずっと割安なものです。ここまでが、普通のナンパと比べれば圧倒的に早く展開するのが、キャバクラの魅力です。

 

しかしですよ!

 

アフターの誘うことができても、好意を持たせないことには、お持ち帰りは未遂に終わります。そう、全力を出すのはココからです。

 

 

ここで、男は一番大きな間違いをします。

 

 

自分に惚れてもらおうとアレやコレやとやってることです。あなたの目標は、お持ち帰りですよね。

 

 

ここで、もう一度あなたに聞きます。あなたの目標は、お持ち帰りですよね?

 

 

キャバ嬢に惚れてもらうのはこの段階では難しいです。だって、非イケメンのおっさんが、お金をちらつかせながら、アフターにまで漕ぎ着けただけですからね。

 

しかし、お持ち帰りしてヤリたいのであれば、可能性はあります。これは、お金で迫るとかではなく、ここからその気にさせることでイケます。

 

 

女性は心を開かないと股は開かない

 

もっとも大事なのは、当然のことですが、アフターになってからです。しかし、アフターには色んな意味でのお持ち帰りの条件が揃っています。

 

電車はもう無い。お酒で気分よくなれる。疲れてるからちょっと休みたい。

 

あとは、キャバ嬢の心を開けるだけの、技術があるかないかです。キャバ嬢の意識を、大きく揺さぶる必要があります。ここで大切なことをもうひとつ。

 

 

「女はお金で股は開かないが心が開けば股も開く。」

 

 

ここまでは、仕事のメリットを優先にあなたとのアフターにまで来たキャバ嬢ですから、このままお金で・・などという方法で行くのはダメです。

 

キャバ嬢は、女を武器にお金を引き出す仕事ですから、逆手に取ると同時に、あなたを完全に客と認識します。

 

キャバ嬢にとっては、ここで3万円貰って抱かれることにメリットはないんです。色仕掛けで引き伸ばすのが、そもそもキャバ嬢たちの腕の見せどころですから。

 

 

アフターは、全力で相手の心を開きにかかるところです。それはお金を使ってはいけません。得るのは「共感」です。

 

 

 

キャバ嬢とわかっていれば共感する話題も見えてくる

 

ここからは、具体的な例をいくつか挙げますが、キャバ嬢だからこそ使えることです。あなたにもきっとできるはず。

 

 

1 共通の敵は共感の的

 

どんな相手との会話でもそうですが、共通の敵は共感を一気に盛り上げます。会社で言えば、同僚の共通の敵は上司だったり、会社そのものだったりでしょう。

 

しかし、キャバ嬢とあなたとの間に共通の敵と言っても、、、思いつきますか?

 

他の売れてるキャバ嬢だったり、お店のことだったりと思いつくかもしれないですが、それは共通には成り得ません。

 

だから私は、客の話しを引き出します。嫌な客の相手を、毎日こなしているのだから、いくらでも出てきますからね。もうボロボロ出てきますから、そういう客にならないように、ついでに勉強しておきましょう。

 

 

そんなとき私はこんなことを言います。

 

「すいません。客の代表としてココで代わりに謝ります(笑)」

 

 

これを何度か繰り返していると、キャバ嬢も、他の人のことですよと笑ってくれたりしますが、次第に壁がひとつ崩れるのです。

 

 

「このひとは、他のお客と違うひと」

 

それを自然に自分で繰り返し言ってることは、本能にすりこまれていくのです。まずは、しゃべっているのがお客であることを無意識に取り払うことに全力を注ぐのです。

 

 

 

 

2 人には言えないことを言わせてそれに気がつかせる

 

お客の悪口をお客に言うのは、本来はダメですが、かなりデキるキャバ嬢でないと、そういうことは判ってない子ばかりです。

 

お酒が進むにつれて、ストレスを発散するかごとく、次々にお客の悪口を言わせてしまいましょう。

 

さて、しっかり発散したところで、キャバ嬢に何て声かけるかわかります?一緒にヘラヘラ笑うだけじゃ締りがありませんからね。

 

 

目一杯客の悪口言っても、褒めましょう。

 

「それでもそんなこと感じさせずに笑顔で仕事こなしてるって素敵だね」とか。

 

「それでも帰ってくお客さんを喜ばせてるって素敵だね」とか。

 

ちなみに、素敵って言葉は、女性にすごく響きやすい単語なので、上手く使えるようになって下さい。

 

 

敵の話題もそんな感じで気分よく終えてもらったら、彼女のことも少しずつ聞き出しましょう。相手のことを何も知らずに抱きたいってのも、また無理ですから。

 

質問攻めはいけませんが、彼女が普段は人に言わないようなことを、もっと引き出せるかが大事です。

 

難しいように思えますが、客の悪口もすでにそれに入っていますから、流れで話しは弾んでいきます。

 

 

まあ、内容はどうでもいいんですが、その次の台詞は重要です。

 

 

「なんでも話してくれて嬉しいな」

 

みたいなことを言いましょう。キャバ嬢にそれとなくコレを気づかせなくてはいけません。気がついたら何でも話してたということを遠回しにです。

 

これに気がついたときに、相手はちょっとした錯覚をします。この人といると何だか・・みたいな感じのアレです。

 

 

 

3イケるかを見極める方法は自滅への道

 

さて、このキャバ嬢がイケるか?下ネタで様子を見るか、ボディータッチでもしてみよう!

 

・・・っつーのは、自爆です。実にこういうくだらない事を書いているものが、これでもか!ってくらいネットに溢れてますが、超大きな間違いです。

 

下ネタなんてのは、気嫌いする女が相手だったら、速攻で終了です。ボディータッチは完全に相手の心が開いてからでないと、単に警戒心を大幅に上げるだけでお持ち帰りを不可能にします。

 

狙った女のお持ち帰りを狙うのであれば、そういった方法は、単に玉砕戦法でしかないんですよ。ナンパで数撃ちゃ当たるで突撃するヤツは、たまにこういうのやりますが、本当のヤリちんはしません。

 

 

しっかりと安心できる相手だと思わせることに徹します。

 

 

 

 

4キャバ嬢の性欲を引き出すスイッチをいれろ!

 

女性も抱かれてもいい男性の理想が本能的にあります。男に抱かれるというのは、安心感の先にしか無いのは想像できるでしょう。

 

会話術というのは、安心感を抜きには語れないという事と、お持ち帰りすることも、安心感の延長にしかあり得ないのです。

 

この人と居ると楽しいな。この人には何でも話しできるな。こういった安心感をたっぷりと与え続けることが重要で、それなくして一人の男として意識されることはあり得ません。

 

この会話の術をこと細かに全ては書けないので、↓のような会話術を学んで実践して体得してください。人生がとんでもなく変わります。

 

 

キャバ嬢一撃法(※使ってみた感想はこちら

 

ブーストコミュニケーション

 

 

 

5覚悟していれば誘い方は実は何でもいい

 

さて、どのタイミングで仕掛けるかですが、最後は思い切って勝負にでなくてはいけません。

 

楽しい時間を満足ゆくまで与えるのは、お持ち帰りには繋がらないのです。彼女との話しが一番盛り上がってきたところで、わざとに水を差しましょう。

 

 

最高に気分よく話しを聞いてもらえているところで、そろそろ帰ろうか?という雰囲気を持ちかけるのです。

 

あっさりと彼女が、「あ、じゃあ帰りまーす」となったら、今日は諦めましょう。それでも、次回には完全につながっているし、今後のメールの反応は、お客とは違う立場で続くのでいずれキャバ嬢は落ちます。

 

店を出てすぐに帰ろうとする女は、お願いしてもダメですが、話しの途中で水を差してまだ一緒に居たそうなら勝負に出てみれば良いのです。

 

 

少しでもキャバ嬢が、もう少し居ても良かったのにという雰囲気を出したら勝負です。タクシーに一緒に乗り込んで送りましょう。

 

え?送るの?って思うかもしれないですが、私は先に聞きません。ぎりぎりまで安心感で引っ張ります。ホテルが目に入ったところで。

 

「やっぱりもう少し二人で話して居たいから泊まろうよ。何もしないから」

 

 

お持ち帰りは、相手の隙ができたら、すかさず早足になることです。できるだけ考える時間を与えずに、流れで「ま、いっか」が基本です。

 

我に返って考えこませたら、絶対ダメに決まってます。はじめて会った人といきなりなんて。

 

「何もしないから」は絶対に嘘なんですが、女はホテルへ行くことに言い訳を求めます。何もしないって言うから、行ってしまったという言い訳を用意してあげておくんですよ。

 

 

店を出てすぐにラブホがあれば、二人でまっしぐらにそちらに歩くこともあります。

 

この場合は、何も言いません。

 

歩いている彼女を、肩で押しながらホテルの入り口に一緒に向かいます。嫌がったら、「嘘。冗談」ていいながら、タクシー拾えばいいですし、まんざらでもなかったらそのまま入れます。

 

 

即日お持ち帰りの確立は1割だが・・・

 

ここまで読んでもらってアレですが、それでもお持ち帰りの確立は1割り程度のものです。しかし、だったら、大したテクニックではないなと悲観しないでください。

 

そもそも、仕事終わりのキャバ嬢をお持ち帰るするのは、かなりの難易度です。

 

しかし、ここまでやってのけた上での失敗であれば、すでにキャバ嬢は、あなたを周りの客とは違う認識で見ています。ここから、ラインのやり取りをしながら、何度か会っていれば、そのうちにワンチャンがやってきます。

 

 

 

キャバ嬢一撃法(※使ってみた感想はこちら

 

ブーストコミュニケーション

 

 

追記)本気でキャバ嬢に恋をしているあなたに

 

俺は、ヤリ目じゃなくて、恋しているし、俺に惚れて欲しいと思って人・・。ここで、残念な現実をあなたの為に言っておくのも優しさです。

 

キャバ嬢に惚れてもるど努力をしている間にも、どこかのヤリちんにお持ち帰りされれば、そいつの恋人になってしまうかもしれません。

 

本気で惚れていようがいまいが、お持ち帰りしたやつが勝ちなのです。躊躇は敗北です。

 

あなたが惚れてしまうようなキャバ嬢の競争率が低いワケがありません。しかし、そんな彼女がどこかのヤリちんに取られることを想像してみてください。私なら気が狂います。

 

他に取られたくないのであれば、あなたが自ら実践して奪うことです。ここで書いたことは、お持ち帰りに関しては、運も必要ですが、心を開いてもらうまでの道標にはなっているはずです。

 

 

 

キャバ嬢一撃法(※使ってみた感想はこちら

 

ブーストコミュニケーション