女の子の飲み物を断りたい時

キャバクラで女の子のドリンクは注文しなくてもいいの?

キャバクラの面倒なシステムに、女の子の飲み物は別料金ってシステムがありますよね。

 

そもそも、お店に入って、自分の飲み物頼むだけでも、結構なお金を使ってしまうのに、女の子の分まで頼んでたら予算が足りないやってなっちゃうこともあるかもです。

 

私は、飲み物は先回りで注文してあげます。キャバクラに行くときは、絶対に口説くと決めて行きますから、1杯1000円くらいのものなら、最初から予算に入れてます。

 

【参照記事 → ドリンクは先回りで1000円を賢く使ってキャバ嬢を落とす

 

まあ、とは言っても、単純にキャバクラ自体を楽しみたいって人にとっては、それは余計な出費かもしれませんね。

 

一人ならいいですけど、回し回しに女の子がやってきて、いちいち注文してたら、とんでもなくお会計が来ちゃうかもしれませんし。

 

席に女の子がついてからドリンクを断るのってのも、ちょっと場がしらけそうで嫌ですよね。

 

「飲み物頼んでいいですか?」って聞かれてるのに、ダメとは言いにくいものです。

 

お店の中での上手な断り方ってのは難しいですね。どんなにキレイに断っても、ケチな客だと思う女の子もいるでしょうし。

 

そもそも予算が限られているとか、使えるお金が決まってる場合は、お店に入る前にボーイさんに告げておくと良いです。

 

「お兄ぃーさーん。今なら40分が4000円でOKだよ」

 

「もう一声って言いたいけど、十分安いから、それに女の子の飲み物を一杯つけてくれたらいいよ」

 

こういう風に言われると、ボーイさんも1000円まけろとかには応えられないけれど、飲み物くらいは付けてくれることが多いです。

 

飲み物なんて、お店からしたらタダみたいなものだから、女の子の飲み物をサービスするだけでお客さん入るなら喜んでって感じで。

 

席に女の子がきてから断るってのは気が引けますけど、先にボーイさんに予算を告げておくことで、余計な出費なく楽しい時間にすることもできますからね。

 

ドリンクは最初から払ってあげるなし含まれているお店で飲むほうが良い

 

その場が楽しければいいって人は、女の子の飲み物を断るも別にいいのではないかと思う。しかし、このキャバ嬢を口説きたいなと思うのであれば、ドリンクを断るみたいなセコい行動は100%ナシ。

 

そもそも、初めて出会ったあなたに、好印象を起こすには、結局のところ太客であると相手におぼえてもらうしかない。お金を持ってる、もしくは使ってくれると相手に思わせなければ、よほどのイケ面でなければそこで終わりなのだ。

 

逆にいえば、あっさりと千円払って、女の子のドリンクを頼んであげるほうが、口説く投資としては安すぎるくらいに安い。

 

ダメな男は千円でも使い方を知らないものだから、女の子にドリンクいいですか?と聞かれてから、いかにもお金持ちそうに、たったの千円を財布から出す。それじゃダメ。

 

女の子だって、自分から「飲み物いいですか?」って聞くのは、仕事としても嫌なのだ。それを理解している男は、彼女に嫌な思いをさせる時間を与えない。席に座ったら、胸ポケットから千円札を出して、「何か飲みなよ」とすんなり言えるヤツでなければならない。

 

同じ千円でも、見せ方、使い方で随分と高印象になるのだ。後から、必死にブランドモノの貢物をするよりも、遥かにカンタンにお金がある男だと思わせることができるだろう。

 

 

●合わせて読みたい
・ドリンクは先回りで頼んでおくとキャバ嬢の好感度があがる
・キャバ嬢をマジで口説きたいならはじめてのお店でも指名しろ

 

「キャバ嬢を口説く」のトップページへ