キャバ嬢のお客が恋人へとなることができるのか?

絶対に客としか見ないキャバ嬢でも恋人へと発展するケースは確実にある

そもそも、キャバ嬢に本気で入れ込まないと決めている僕にとっては、遊びで付き合っていきなさいというのが適切なアドバイスなワケだけれども、そうは言っても、真剣にキャバ嬢へ恋をしている人をけなしたりはもちろんしません。

 

さて、一体、どこに恋をしてしまう要素があるのかと考えてしまうのだけれども、見た目以上の何かがあるのかは知らない。

 

ただ、しっかりと気を使って持ち上げてくれる接客は、確かに男としては、この上ない至福を感じるのも事実。

 

でも、それは、、、仕事だってことを忘れてはならない。

 

彼女があなたのためにしてくれる全てのことは仕事。

 

考えてみても欲しい。あなたが時給で3千円も4千円も頂ける仕事というのがあるだろうか?

 

彼女たちは、まさにそれに似合った仕事を常に要求されているプロだということを忘れてはならない。

 

でもね・・・・。

 

お客さんと付き合ってるキャバ嬢なんてたーーーーくさん居ますから!

 

周りからやめておけと言われるあなたへ、てか、僕も言ってるかもしれないけれど、少しはいい話しもしておこう。

 

 

世間の出会いの場の実に7割は職場

 

一般的にカップルになっている男女に、出会いの場を聞いてみると、驚くほどに職場という答えが返ってくるというのを知っていますか?

 

ちなみに不倫のカップルも、やっぱり職場。元上司だとか、元同僚であったりとか。

 

それでは、キャバ嬢がどこかの男性を恋に落ちるとしたら、やっぱり同様なことは起こりうるはずです。7割のキャバ嬢は職場で出会う。

 

うそでしょ!?はじめて行くキャバクラで・・・一撃でお持ち帰るできる・・・・

 

キャバ嬢のお客が恋人へとなることができるのか?

 

>次々にキャバ嬢とヤレる技がここにあります

 

キャバ嬢だって出会いは欲しい。職場だって出会いの場です

 

キャバ嬢といっても、昼間は違う仕事をしている子もいたりするから、そういう表の職場で出会うのが普通だろう?って考えるかもしれませんが、残念ながら逆です。

 

昼間までお仕事しているともなると、とんでもなく忙しい子ですから、むしろ出会いの場は狭くなります。

 

職場で恋愛しているなんてなると、仕事終わりにお店で接客なんて嬢は、なかなか秘密を通していくこともできません。つまり表の職場での男性関係は、自ら切り捨てです。

 

お店で男性スタッフと恋に・・・なんて話しもよくある話しだと思いますが・・・。ま、それは置いておきましょう。いいか悪いかは、誰でも想像がつくでしょう。

 

そんな感じで、彼女たちとて、友達の紹介で〜とか無い限りは、大して出会いの場所なんてないワケですよ。オフの日にわざわざ街コンいってますなんて子もいないでしょうし。

 

キャバクラで客と恋人関係に・・・ってパターンは、ぶっちゃけ、すごい確率で多いものだと考えていいです。

 

てか、付き合いだしてみるとわかるけれども、誰ちゃんの彼氏と、お店で遭遇なんてことはよくあることです。つまり、あの子の彼氏も客だったみたいな。

 

私が思うに、キャバ嬢がお客とその後に関係を良縁にする確率ってのは、実はかなりの高確率ですよ。絶対に客とは無いとかそんなとこは気にするところではないのです。

 

むしろ、誰でも一人、二人は客と付き合ってると思ってもいいんじゃないかな?年頃の女子ならフツーのことですよ。

 

●勘違いしてはいけないがあなたが付き合えるかは別の問題

 

客から先の関係は絶対にないと思っているのは間違いですが、なぜか、そう言って自分に言い訳してるわけですよ。無理な理由と、自分を納得させるための理由でね。

 

でも、本当の問題はそこじゃないわけで。

 

あなたの気にいってるあの子には、同じように恋心を持った他の連中が、なんとか自分のモノにならないかなんていう妄想を同じように持ってるワケ。

 

その数が100人いれば、99人を出し抜いて彼女にアプローチしなければいけないワケですよ。

 

200人の会社に女子社員が2人しかいなかったら、それはすごい競争率でしょ?てか、この2人間違いなく社内で男性と付き合うでしょう?(笑)

 

キャバ嬢を彼女にしたいっていうのは、そーいう競争率の問題なんですよ。

 

ただ、もひとつ朗報があります。

 

これを読んだあなたは、諦めることをしないでしょうが、他の99人は、客以上の関係にはなれないなーと、自ら諦めてくすぶってる可能性だってあるのです。

 

この時、どうすればいいかあなたは知っていますか?

 

早い者勝ちなのですよ!

 

同僚が付き合ってるのに横取りしようなんてのは、なかなかない話しでしょ?別れるのを待たいないと、いざこざしますから。

 

だから、これも知ってください。迷ってる時間は、敗北を意味するのです。

 

「キャバ嬢を口説く」のトップページへ