キャバ嬢をデートに誘う方法

キャバ嬢をデートに誘うには

アフターに誘うのは、おごってあげるお金を用意しておけば、そんなに難しいことではないということを以前書きました。(※参照:キャバ嬢をアフターに誘う方法

 

さて、会社帰りにお食事でもどうですか?ってのが、アフターだよと言えば、壁は低く感じてると思いますが、デートとなるとどうでしょう・・・。

 

デートに誘うってことを言い換えてみると、僕はこういうことだと思っています。

 

「あなたの大事な休日なし、空いてる時間を僕に下さい」

 

キャバ嬢に限らず、デートに誘うということは、少なくとも彼女にとって、休日という時間の対価があなたと居る時間とイコールか、それ以上でなければ成り立ちません。

 

まあ、せっっかくの休日を好きに過ごす以上に、あなたと会ったほうが楽しい。もしくはメリットがあると思わなければOKはないよってことです。

 

ですから、デートに誘うためには、あなたはこういう気構えでいることが望ましいと僕は思っていますし、そうしています。

 

「あなたの休日をこんな私にください。でも、絶対に楽しい時間にしますから」

 

デートというと、ドライブして酒でも飲んで、あわよくばその日の夜に一発やっちゃおう!・・・とか、自分主観で考えてちゃダメですよ。そんな男はゴマンといます。キャバ嬢は、いつもゴマンを相手にしている職業ですから、休日を捧げる気にはならないはずです。

 

うそでしょ!?はじめて行くキャバクラで・・・一撃でお持ち帰るできる・・・・

 

キャバ嬢をデートに誘う方法

 

>次々にキャバ嬢とヤレる技がここにあります

 

休日は癒やされたい。それは誰しも同じ

 

キャバクラのお仕事って、想像を絶するほどの世界だということを男は理解してあげないといけません。休日というのは、彼女たちにとっても次の戦いへの休息であるということを知っておかなければいけません。

 

「キャバ嬢を口説く」のトップページへ