【LINE】ラインでキャバ嬢に惚れさせる

ラインで連絡先を交換したキャバ嬢を確実に落としていくために

キャバ嬢とラインの交換には成功したのだけれど、ここからどう返事をすれば良いのだろうか?そもそも、この女は落とせるのだろうか?

 

いや、そういう考えでキャバ嬢に騙されてハマってしまうんだよって、男もいるかと思いますが、私は違います。

 

キャバクラ行って、かわいい子見つけたら、口説き落として一発やりたい!

 

私は、キャバクラに癒やしなんて求めてませんからね。とことん、口説くことを追求しています。

 

今日は、そこらへんについて、私なりの考えと経験をまとめてみたいと思います。とかく全部話しをするとなると本一冊でも足りないほどですから、「まとめ」と言いつつも、ちょっと長ーくなります。

 

キャバ嬢とのラインの交換は急速に2人の仲を近づける

キャバクラをあとにする時、メールを交換する場面というのは、こちらが断らなければ100%です。

 

キャバ嬢によっては、メール営業はしませんっていう子も結構居ますが、メールを聞くのはひとつのマナーみたいなもので、その日のうちに、ありがとうってメールはおそらくしているはずです。その後は別にしないってだけで。

 

まあ、たしかに、近頃の若いキャバ嬢は、仕事に対しての意識みたいなのが低い子も多いので、昔に比べると連絡先聞くみたいなの減った気もしますね。

 

でも、私たちにとっては、仕事の意識が高すぎる子も面倒くさいです。後で話しますが、口説き落とせるキャバ嬢は、そこそこに仕事意識ある子のほうが早いです。

 

【PR】これがあれば返事に迷わない!ラインが苦手から武器に変わるテンプレを手に入れろ!

 

結論から言えばラインでキャバ嬢は口説ける

期待だけさせて、この先を読んでもらうのも悪いので、結論先に言いますけど、ラインでキャバ嬢は落とせます。店でキャバ嬢落とすほうが、ずっと難易度は高いはずです。

 

そもそも、男女が急速に仲良くなっていくためには、接触を増やすことが不可欠です。ラインは理由はどうであれ、二人の接触をいとも簡単に増やしてくれます。

 

それは、「お店に来てよ」っていう、向こうのお願い的な営業かもしれませんが、これも接触です。それがなければ、あなたから連絡しなくてはゼロと同じですから。

 

お店に通うことも接触することに変わりありませんが、キャバ嬢を口説くためには、お店に通いつめるほどに失敗に終わります。

 

これは、ラインでキャバ嬢を口説くために、もっとも抑えているべきポイントになりますが、客であるということは、超強みです。

 

指名してあげるからデートしようはクソパターン

客であることが強みだというと、バカはこう考えるんですよ。条件つけてキャバ嬢をデートに誘おうだとか、あわよくばホテルに連れ込もうだとか。

 

まあ、あなたがどうしても、この子とやりたくって、100万円くらいサラっと出すなら、それでもイケますけども、3万円程度の小銭だしてもダメですよ。

 

ちょっと、冷静に考えればわかるはずですが、それって、どう考えても嫌われに行ってますよね?(笑)

 

あなたが出世したいがために、上司に無理な注文つけられるのと変わりないワケですよ。もちろん、それでもやるって子もいますけど、それは口説いてるとは言えないです。

 

 

お客でなければそもそも振り向きもされない

キャバ嬢は、最初からあなたに惚れてるワケではありませんから、あくまでも、はじめは仕事です。お店に来てほしいという願いを込もったメッセージが裏にはあるるわけです。

 

ところが男は、「また営業メールかよー」と、そのメッセージを無視してしまいます。落ちそうにないから、他のキャバ嬢探そうっとで。

 

それが、最大の間違い。そもそも、キャバ嬢だって、あなたをカモ候補だとしか思ってないワケですよ。金持ってこいよおっさんって。

 

あなたが、キムタクとか福山雅治であるなら、それでもいつか上手くいくでしょう。自分の容姿を気にいる女性を探していけばいいでしょうし。

 

しかし、そうでないなら、あなたはキャバクラに行ってる時点で、負けから始まってると今自覚してください。そして、この勝負に逆転して勝つことは、このキャバ嬢を落としてやることです。

 

あ、ここまで、あまりに言葉が汚いので付け加えておきますけど、もちろん、純粋に恋を実らせることは大勝利です。

 

【PR】これがあれば返事に迷わない!ラインが苦手から武器に変わるテンプレを手に入れろ!

 

自分と相手をしっかり知ることから始めましょう

さて、キャバ嬢をラインで落とすってのは、どうしていくのかってことですが、まずキャバ嬢にとってはラインは仕事です。あなたに好意があっての連絡ではありません。

 

会社員が持たされる携帯電話みたいなもので、彼女たちにとっては仕事のツールでしかありません。携帯2個持ち、ひとつはキャバクラの仕事用って子も、これまたたくさんいるのではないでしょうか。

 

で、まあ、あまり行き慣れてない人は気がつきませんが、送られてくるメールも実は定型文なんてこともあります。いちいち全部打ってられないから、コピペですね。そういうキャバ嬢が、超売れっ子になれるほど甘くはないですが、何もしない子に比べると好感が持てます。

 

また、超売れっ子になりすぎてもちょっと困ったことが起こります。お客さんが多すぎて、自分ひとりじゃ全部に返信できない・・・。こういう子になると、実はボーイさんが手伝ってお返事していたり、バイトの子に仕事を分担してもらったりしていることもあるそうです。「好きだにゃん」とか安易に送れませんね(笑)

 

つまり、この時点では、あなたは客。キャバ嬢は営業です。

 

この関係のままに、キャバ嬢を口説こうとしても、永遠に関係は平行線でしかありません。物音には順序が必要です。

 

どうでもいいやり取りこそがキャバ嬢との距離を縮めているのか?

 

キャバ嬢を口説くためには、男として意識してもらうことが第1ステップですが、一撃でそこに辿りつけるのは、お金持ちとイケメンだけです。

 

凡人は、日々のメッセージのやり取りの中で、徐々にその壁を取り払っていくことが大切です。

 

 

「こんばんわ。最近、お仕事は忙しいですか?」

 

ごく、どこにでもありそうな、このセリフには、キャバ嬢からの2つのメッセージが込められています。

 

 

1.私って優しいでしょう?早く貢げや

 

2.忙しくても私を忘れないで。そして店に来いよ金持って

 

私は、こんなメッセージでも、これくらいの意味で解釈して読んでいます。キャバ嬢は、本当のことをそのままメールなんてしてきません。「好きです」は、「クソ野郎」とくらいに認識しています(笑)

 

でも、こういったどうでもいいやり取りを制することで、私は凡人程度の見かけでありながらにして、キャバ嬢を口説いていきます。

 

【PR】これがあれば返事に迷わない!ラインが苦手から武器に変わるテンプレを手に入れろ!

 

女は根本的に脳の作りが違う!キャバ嬢はさらに違う

 

用事のあるときだけ連絡する男性とは、根本的に脳の作りが違うのが女性です。

 

女性が男性に興味を持つまでには時間が必要です。ひと目惚れをしない女性とは、とにかく接触回数を増やすことがとても重要です。

 

一撃で彼女を口説く上手な文章なんてものは必要ではありません。毎日のどうでもいいやり取りの継続こそが、実は鉄板のテクニックであるとも言えます。

 

ただし、それは、あくまでもキャバ嬢が楽しんでメッセージのやり取りをしている場合に限ってです。

 

コミュニケーションがヘタなキャバ嬢から、つまらないメッセージがきたからと言っても、あなたがつまらない返事をしてはいけません。

 

それでは、二人して、お互いに義務っぽいメッセージを繰り返しているだけです。キャバ嬢も嫌々やっているに過ぎませんから、二人の距離は近づくどころか逆効果です。

 

ラインを味方につけてキャバ嬢に気を向かせるには、大切なテクニックが存在します。それを知らずにいると、お客さんの立場からは、永遠に抜け出ることはできません。

 

メールが上手な人は、何か秘密にしている、女性の心を揺るがすような文章のレパートリーを持っているとか思われがちですが、私はそういうものは特に持ち合わせていないつもりです。

 

女性から送られてくるラインのメッセージは、どうでもよい内容で、いちいち返信するのも面倒くさいようなものが、よくあります。男性は、そういったメッセージの使い方をしないですもんね。

 

しかし、彼女たちには、単なる「暇だなー」という、たったの4文字が実はコミュニケーションなのです。

 

これに何と返事すればいいか男なら迷ってしまいそうですが、女性にとっては、会話の一節に過ぎません。だから、返事はそこまで頭を使う必要もありません。

 

大事なことは、接触する回数を、とにかく増やすこと。これは重要です。

 

 

キャバ嬢は褒めても喜ばない

例えば、あなたがお知り合いになった、どちらかの女性を口説くのであれば、メッセージで女性を褒めてあげることは、とても有効なことです。主婦は、ぶっちゃげた話しが、褒めてるだけで落ちます。楽勝で。

 

しかし、キャバ嬢にとっては、全くの無意味とも言えます。

 

彼女たちは、「かわいいね」だとか、「気が効くね」なんてことは、すでに言われ慣れています。

 

これらの言葉は、積極的にこちらから使ってはいけません。単に誰にでも言う軽いオトコだと思われることもあります。

 

しかし、彼女たちが、何かしらの購入したアイテムを見せつけてきたりした時は、確実に「かわいいね」を言わなくてはいけません。欲しい返事を、欲しいときにしてあげることは鉄板です。

 

【PR】これがあれば返事に迷わない!ラインが苦手から武器に変わるテンプレを手に入れろ!

 

 

キャバ嬢にお客としてハマっていきますか?

 

キャバ嬢とラインの交換をしても、それはキャバ嬢の都合のいいお客さんへのレールに乗ってしまっては意味がありません。

 

キャバ嬢は、あなた以外にも、たくさんの男性のお客さんを同時にこなしています。

 

あなたも、こなされている大勢のオトコの1人かもしれません。

 

しかも、あなたは必死ですが、キャバ嬢は、ウザい男たちの相手に、毎日、毎昼夜とうんざりしているのですよ。

 

 

ここ、最も重要です。

 

 

うんざりされてる側にいると、連絡を取れば取るだけ嫌われていきます。嫌なことを我慢してしているんですよキャバ嬢も。あなたも、やりたくない仕事ってあるでしょ?

 

しかし、そんなときに息抜で連絡ができる相手がいたらどうですか?

 

絶対に、毎日、連絡したくてしょうがないハズです。好きになるのも時間の問題。それこそが、キャバ嬢をラインで口説き落とすために大重要なポイントになります。

 

さて、考え方みたいなものは、そういった感じです。でも、もっと具体的なモノが欲しいですよね?

 

少し、長くなりすぎたので、次の記事をご覧ください。

 

次の記事 → キャバ嬢をメールで惚れさせるスゴワザでモテモテになる

 

 

【PR】これがあれば返事に迷わない!ラインが苦手から武器に変わるテンプレを手に入れろ!