キャバ嬢をアフターに誘うなら友達も一緒にが鉄板

キャバ嬢をアフタ−に誘うなら友達も一緒にが鉄板

 

キャバ嬢とのアフターは、慣れると、そんなに敷居が高いものでもなく、あ、こんなカンタンにできるものなんだと気がつくものですが、私も最初のうちは、どう誘えばいいのかわかりませんでした。

 

しかし、いくつかのポイントを抑えておけば、案外すんなりと上手くいきます。

 

今日は、その中でも、かなりの人が間違っているポイントをあげます。

 

 

「キャバ嬢をアフターに誘うなら友達も一緒に」ということです。

 

 

二人きりのアフターにキャバ嬢は怯む

 

キャバ嬢をアフターに誘いたいのであれば、二人きりで行こうは、最初は無理です。

 

2回目、3回目ともなれば、警戒心も解けてできなくもないですが、はじめてお店の外で会おうかというのに、二人きりは、あなたの信頼が出来上がっていないと難しいです。

 

 

ですから、最初にアフターに誘うときは、仲が良さそうな他の嬢も一緒に連れてきていいよと言うべきなのです。

 

こうなると、コッチは男1人。向こうは女2人とかなっちゃういますよね?

 

まあ、私はそれはそれで嬉しいので構いませんが、基本はコチラも男2にしておくといいですね。

 

ですから、アフター誘いたいなーと思うのなら、先にコチラも2人でお店へ行くべきなんです。

 

 

ちょっとズルい話

 

ちなみに私は、知人に連れられていったお店では、アフターを狙います。

 

知人は、すでに大金使って狙っている嬢がいるワケですよ。たとえ4人になったとしても、アフター行けるってだけで大喜びです。

 

知人が狙っているキャバ嬢も、二人で行くにはNGだけど、お客としてこの知人は捕まえておきたいワケです。たまには、その気を持たせておかないと・・って。

 

 

で、この二人の関係を利用して、私は、「4人でこのあとカラオケどうですか?」と軽く言えばいいのです。

 

僕の目の前のキャバ嬢は、僕をお客さんにしたいハズですし、4人で安心だから、単なる営業でも、ご飯目的でも、出てきやすいワケです。

 

 

つまり、条件と理由が揃えば、アフターは決して難しいことではないのですよね。