キャバクラやクラブに胡蝶蘭を贈るのに知っておきたいこと

胡蝶蘭には気遣いも添えること

キャバクラやクラブのホステスさんの誕生日。やっぱり、自分が大切にしている嬢に花を贈りたいですよね。

 

そんな中でも、やはり胡蝶蘭は、圧倒的な華やかさを持っているので、他の花とは比べものになりません。

 

やはり、お祝いには胡蝶蘭はベストな選択だと言えるでしょう。

 

夜の世界は気遣いのできる人がモテる世界ですから、贈る際にも気遣いがあるひとが喜ばれます。胡蝶蘭は頂いて嬉しいものですから、贈り方にもより気を配って喜んでもらいましょう。

 

●目次

  • 胡蝶蘭の花言葉知ってます?
  • あまり知られていない胡蝶蘭が選ばれる理由
  • キャバ嬢に贈る胡蝶蘭の相場は?
  • 胡蝶蘭の色はどうする?
  • 胡蝶蘭を贈るのに注意しておきたいこと

 

胡蝶蘭の花言葉知ってます?

 

胡蝶蘭がどうしてこのように贈り物に選ばれてりうかというと、何よりも花言葉です。

 

胡蝶蘭には、このような花言葉があります。

 

「幸せが飛んでくる」

 

「純粋な愛」

 

贈った相手に、今後のさらなる発展と幸せへの願いが込められているのが胡蝶蘭です。

 

ちなみにピンクの胡蝶蘭には、「あなたを愛しています」という意味も花言葉に含まれています。

 

あまり知られていない胡蝶蘭が選ばれる理由

 

圧倒的に豪華な見た目

 

花びらひとつひとつが大きく、花が開いている様子は、他の花を圧巻します。

 

茎の曲線は、とても優雅で美しく、まさに蝶が舞うにふさわしいものです。

 

本数が増えることで、豪華さが一層増していきます。

 

 

すぐに枯れない

 

生花は、いつまでも元気なものではありません。せっかくのお祝いの花も数日で枯れてしおれてしまうことは、よく起こります。

 

しかし、胡蝶蘭は、頂いたあとも、少しの手入れをすることで1〜2ヶ月先まで楽しむことができます。

 

 

花粉や香りが少ない

 

胡蝶蘭は、とても大きな花を咲かせますが、花粉の量はとても少ないです。

 

見た目の華やかはありますが、香りはほとんどしません。

 

 

場所や環境を選ばずに贈れるため、生花を飾りにくいであろう飲食店や病院でも、気にすることなく贈ることができます。

 

 

四季を選ばず安定している

 

胡蝶蘭は、お祝いのフラワーギフトとしては定番化しているために、四季を問わず、日本各地で一年を通して生産されます。

 

日本で育てられる胡蝶蘭は、長年の農園の努力で、最高に鮮度のよいものが安定供給されます。

 

 

キャバ嬢に贈る胡蝶蘭の相場は?

 

贈りものなどで、無理なくできる範囲でと言いたいところですが、胡蝶蘭は、認知度も大きくなってしまったために、その見た目でおおよその価格がわかってしまう人もいます。

 

胡蝶蘭には相場あって、1輪が700円〜800円ほどします。3本立ちの30輪のものが、2万円〜2万五千円ほどになると覚えておくと、購入の際の目安になります。

 

キャバ嬢に贈るものでも、お店で飾り、嬢のプライドを持ち上げてやるのであれば、見栄えのよい2万円くらいのもので頼むのが良いと思います。

 

上を見るとキリが無いために数十万円もするものまでありますから、あなたの出来る範囲のもので大丈夫です。あくまでも気持ちを大事に。

 

近年は、胡蝶蘭も激安で通販しているサイトがありますので、同じ価格で少しでも華やかになるものを探してみるのもいいですね。

 

白35輪の胡蝶蘭大輪が20000円で買えるオシャレな花屋さん

 

「HitoHana」の通販サイトはコチラ

 

 

胡蝶蘭の色はどうする?

 

最近では、珍しい色の胡蝶蘭もありますが、個人的には白を贈るほうがベストです。お店のイメージなどにも合わせる必要がありますが、黄色い胡蝶蘭などは、少しチャラくて安いイメージしかありません。やはり、白が一番高価に見えることは確かです。

 

 

胡蝶蘭を贈る際に注意しておいたほうがいいこと

 

お店のスペースは確認しておく

 

お店のスペースの都合もありますから、大きさによって飾られる場所が決められてしまいます。

 

極端に大きいものは、お店に入らないこともありますので、店先に飾られることもあります。

 

お店の中に飾られないのは、直接キャバ嬢の目には届いていないですが、必ず目にしていますし、あなたの贈った花を、その日全てのお客さんが目にして入店しますので、誇らしいことと思ってください。

 

ただし、お店に置き場がないような場合もあります。そうなると受け取るのにお店が困ってしまいますので、送る前にお店へ一度確認しておくことは重要です。

 

開店前に届けておくようにしよう

 

花は生き物ですから、予約は早めに行うのが良いです。胡蝶蘭はあわてて手配しても間にあわなくは無いですが、近場の花屋で急を要して買うと思った以上に高くつきます。

 

誕生日のイベントでしたら、お店が開く1時間前くらいが配送してもらうには良いでしょう。ただし、お店が開いてから届くのは迷惑になるので、配達も時間指定をしっかりとしましょう。

 

これも、事前にお店の店長さんなどに聞いておくなどの配慮と気遣いが必要です。

 

立て札はつける

 

胡蝶蘭は、複数人から贈られると、同じような花が並んでしまうこともあります。誰から宛てられたものか分かりやすいように、立て札はつけて贈ることが好ましいです。

 

サービスでつけてもらえるものもありますし、1000円くらいで木札にすることもできますので、札は忘れずにつけましょう。

 

 

胡蝶蘭は奇数の本数で

 

お祝い事で贈る胡蝶蘭は、本数を奇数にしましょう。お祝いの場合は、割れない数で贈るのがマナーです。

 

3本立ての胡蝶蘭が一般的ですが、より豪華にしたい場合などは5本立てを選びましょう。

 

 

お祝いのメッセージを

 

胡蝶蘭は頂いてもちろん嬉しいものですが、何よりも、あなたのお祝いの気持ちを伝えましょう。大の男が恥ずかしいなどと思わず、メッセージカードを一緒に贈るほうが、絶対に喜ばれます。

 

●次に読んでほしい記事

 

キャバ嬢の誕生日にプレゼントは選ぶな!

 

キャバ嬢に胡蝶蘭を贈るならこのサイト!

 

35〜40輪の胡蝶蘭大輪が2万円で買える「HitoHana」

 

一般的に花屋さんで売られている胡蝶蘭よりも、4〜5千円ほど安く買える印象です。オシャレのセンスも良く、少し小さめにまとめた飾り方が価格以上に華やかな胡蝶蘭に見せてくれます。全国通販に対応しているのもいい。

 

胡蝶蘭

 

HitoHanaの通販サイトはこちら