キャバ嬢とやる

お客様だと思われたらキャバ嬢は落ちない

 

あのかわいいキャバ嬢を口説き落としたいぜーと思ったら、まずは、自分がお客さんになってはいけません。

 

キャバ嬢にお客さんだと思わせたところから、一気に難易度が高くなります。

 

「え?でも、お店に行ってる時点でお客さんだよな?」

 

まあ、それはそうなんだけれども、ここは少し大事なことなので掘り下げてお話しましょー。

 

 

●目次

 

はじめて会った瞬間はまだお客さんとまではいかない
「また来てくださいね」or「また会いましょう」
一度ついた印象は消えない
近づいてもダメ遠くてもダメな関係

 

 

はじめて会った瞬間はまだお客さんとまではいかない

 

今から、新規のお店へ入っていくとしましょう。最初にどんなキャバ嬢が隣に来るかは運次第ですが、これから来るキャバ嬢とは、まだ知り合いの関係にすらなっていません。

 

この時点で、あなたはお店に来ているのでお客といえばお客なんですが、まだお客さんとキャバ嬢には思われていない時と言えます。

 

キャバ嬢にとっては、あなたが、このまま飲んで楽しく帰ってコレっきりならば、もうそれでお客としての関係は終わりです。

 

はい。

 

キャバ嬢は、もう一度あなたに足を運んでもらうことが、お仕事の中で最も重要な役割になります。

 

つまり、キャバ嬢は、この時点では、「お客さんにしよう!」としているまでです。

 

 

あなたは、男としてキャバ嬢を口説きにいきますが、キャバ嬢は、お客としてあなたを落とそうとしているのです。

 

キャバ嬢を攻略するとは、このズレを攻略することでもあります。

 

 

「また来てくださいね」or「また会いましょう」

 

また来てくださいねの言葉の裏側は、またお店に来てお金使ってくださいねの意味です。

 

あなたのことが気にいって言っているワケでもなんでもありません。

 

しかし、この時点でも、まだまだ、あなたのほうがずっと優位な立場にいます。

 

あなたに男として興味がないキャバ嬢も、あなたをお客さんとするために接点を自分からは切り離そうとはしません。

 

普通の恋愛においては、これはあり得ないことで、興味がない男に美人は媚を売りません。

 

これが、キャバ嬢を口説くために許される最大のメリットなのです。

 

 

一度ついた印象は消えない

 

しかし、一度でも、キャバ嬢に、私のお客さんだと認識されると、その印象は拭えなくなります。

 

お客→彼氏

 

のステップアップは、カンタンではありません。すでにキャバ嬢は目的を達しているので、あなたの気を上手に惹きつけることに力を注ぐからです。

 

キャバ嬢を落とすには、お客さんという認識を持たせてはいけません。

 

 

近づいてもダメ遠くてもダメな関係

 

例えば、次のあなたがお店に行くことになるときに、キャバ嬢のおねだりに応える形で行くことは、自分がお客になったことを意味します。

 

かと言って、なんだかんだと言いながら行かないというスタンスでいると、関係が遠くなり、ただの他人へと戻っていきます。

 

 

私は、キャバ嬢を口説いて落とすのに、もっとも最適なタイミングは、お店に1回行って、次にお店へ行くまでの、この間だと考えています。

 

2回目に行くときには、お客さんと思われない形でお店へ行き、ひとりの男性として興味を持たせておかねければいけないと。

 

「かわいいねー」と言いなが、どんどん近づくと、キャバ嬢のペースになります。

 

何も言わずに待ちの姿勢でいると、他人へと戻っていきます。

 

この着かず離れずの距離感の中で、お客と認識されないように、キャバ嬢に積極的にさせることがコツです。

 

 

●必読記事

 

キャバ嬢とやる方法!即日速攻で決める!

 

キャバ嬢を口説くなら、連日通いはアウトです。キャバ嬢を口説くなら、速攻がもっとも高確率です。