キャバ嬢とやる

キャバ嬢は昼間何しているの?

 

昼間もお仕事をして、夜もお仕事をする。頑張り屋なキャバ嬢ももちろん存在しますが、今どき生活のためにとまで言うキャバ嬢は、すでに子供が居るなど家庭の事情があることが多いでしょう。

 

昼間は学校に通いながらという真面目なキャバ嬢も、もちろん居ます。

 

 

しかし、キャバ嬢の中には、昼のお仕事や学校を持たないひとも半数は居るはずです。

 

キャバクラで安易にキャバ嬢の昼間の行動に話しを突っ込むのは、あまり良いこととは言えません。

 

彼女たちには、それぞれの事情があるので、口にしたくもないこともあるはずです。

 

しかし、中にはノリノリで会話ができるものがあります。それはギャンブル。

 

パチスロが好きなキャバ嬢は自分からよく喋る

 

キャバ嬢には、ギャンブルが好きな子もかなりの割合でいます。ギャンブルが先であったか、夜のお仕事が先であったかはわかりませんが、キャバクラのために割のいい時給に魅力を感じている子も多いです。

 

「パチスロとか行く?」とストレートに聞いてはいけませんよ。

 

私は、ネタになりそうなウソを最初に言います。

 

「昨日、3000枚出たところから飲まれちゃってさーー(笑)」

 

ふーんで終わるキャバ嬢は、そこから話が広がりませんので、終わりです。

 

でも、、かなりの確立で・・・。

 

パチスロの話が実は大好きなキャバ嬢もいます。自分から話はじめてとまらなくなる子も。

 

 

これって、すごいチャンスの到来です。というか、カンタンに真似できます。あ、ちなみに私は、パチンコしませんからね。

 

キャバ嬢に昼間に会うことがグッと近づく

 

「いつもどこで打ってるの?」と聞いちゃえばいいのです。

 

これって、お店終わってアフターどう?とか、今度、ご飯いこうよとかよりもずっと敷居が低いのですよ。

 

なんせ好きな話をしているキャバ嬢も夢中になってますから、

 

「いつもお店に来る前に●●で打ってるよ」

 

みたいな返答があっさりきます。

 

 

平日のお昼なんかに、こっそり覗いてみたら、ほら居ました。

 

後は、その隣の席に座るだけです。

 

1時間で数千円払わなくても、隣に一緒に座って台を打てば遊べるワケですよ。

 

もちろん、そこで打ち込んでしまったら、自分のお金もなくなってしまいますが・・・。

 

 

もう帰ろうとしてたところ

 

私は、キャバ嬢を見つけたら、だいたいこう言います。

 

「もう帰ろうかと思ってたところ」

 

いかにも、他のシマの台で打ってたけど、今日は負けてしまったからといえば、ちょっと隣に座ったからと、台を打つ必要もありません。

 

なんなら、1000円くらいはメダルに変えてもいいですけどね。

 

まあ、都合よく隣が空いてるかは運が必要ですけどね。で、帰る。

 

 

後は、キャバ嬢が出てきそうな時間とかを見計らって、メールします。

 

「あれから出た?」

 

こんな感じで、ごく自然にキャバ嬢に近づいていくこともできるんですね。

 

 

ちなみに、キャバ嬢もお金がなくなってる時は、さらにチャンスです。

 

「あれから、1万円くらい取り戻したから、何か一緒に食べにいかない?」

 

とか、言えばヒョイヒョイとやってくるかもしれませんね。

 

 

ちなみに、僕はキャバ嬢がお金を貸してと言ってきたら、確実に貸します。

 

意外に返ってきますし、それ以上にいいことがありますから。

 

 

●関連記事

 

キャバ嬢とやるなら即日速攻を狙え

 

キャバ嬢をアフターに誘う方法