キャバ嬢とやる方法

 

即日でキャバ嬢とやる方法

 

カラダがボロボロになりながらも貢ぎ続けているお客を横に、はじめて来たキャバクラでキャバ嬢をあっさりとお持ち帰りしていく男がいたらどう思いますか?

 

まず、コレの紹介にあたってひとつだけお約束があります。

 

実は、少しばかり方法に問題があるというか・・やり方がキタナイです(笑)

 

ですから、純粋にキャバ嬢に恋をしている人が見ると、もしかしたら気分を害すかもしれません。

 

 

しかし、冷静に考えても欲しいのです。

 

あなたが、スマートな方法でお気に入りのキャバ嬢に近づきたいと願っていても、そのすぐ脇で、その他の大勢の男性が、あらゆる方法を使って、その子の気分をコチラに向かせようと必死なのです。

 

また、恋人にしたいと思っている人には、若干不向きな面もあります。即効性が高すぎるゆえの方法なので、心の底から互いが繋がることはなく、カラダの関係になります。

 

しかし、誠実にキャバ嬢との交際を望みながらも、その隙に、ろくでもない男に寝取られなんてことのほうが、私には屈辱でなりません。

 

使う使わないは、あなたの判断すれば良いことですから、せめて知っておいて損はないかと思います。

 

 

キャバ嬢の気を引くためにやっていることの間違い

 

お気に入りのキャバ嬢ができたのだけれども、どうやって自分に向かせていいものかと誰しもが考えています。

 

そして、そのことをキャバ嬢は熟知していますから、あなたは、時間が増すにつれて、さらにお客さんとして扱われていくことになります。

 

  • 他の男性よりも印象を多く持ってもらうために店に通う
  •  

  • 指名もキープも無理してでもキャバ嬢のためにお金を使う
  •  

  • 彼女が興味を持ってくれそうなメールを必死に考える
  •  

  • 少しでも接触する時間が長くなるようにラインを細めに送る
  •  

  • 高いご馳走になってもいいのでアフターになんとか結びつける
  •  

  • キャバ嬢からのお願いの同伴は断らずに行く

 

どうでしょうか?ほとんどの男性は、キャバ嬢の気を引くために、こうして手持ちのお金を削り合いながら、それでも他の客にお気に入りのキャバ嬢を取られまいと必死です。

 

キャバクラで貢いでしまう人の典型的な例ともいえます。

 

他のお客を差し置いて自分だけがキャバ嬢に気に入られるためには

 

真っ向から勝負して、キャバ嬢の気持ちを勝ち取るには何が考えられるでしょうか?

 

少し現実的ではない例をまず先に書きます。

 

  1. 圧倒的にお金持ちである
  2.  

    まず、他の客よりも圧倒的にお金持ちであれば、当然さほど苦はありません。人は接触する回数が増えるほどに、お互いの気持ちが近づく生き物です。

     

    お金さえあれば、いつでもキャバ嬢に好きなだけ会いに行けますので、圧倒的に他のお客よりも有利になるのは確実です。

     

     

    キャバ嬢は、いつでも知り合いになれます。街で見かけた気になる女性と知り合いになるのは、かなり敷居が高いはずですが、キャバ嬢であれば、お金さえ払えば、そこから知り合いとしてスタートできます。

     

    つまり、キャバ嬢は、毎日のように知り合いが増加していっています。ライバルは常に現れているということです。

     

    あなたとキャバ嬢の関係を続けて恋愛へと発展させていくには、とてつもなく初期にお金がかかるのは想像できますよね。いずれ、周りが追いつかなくなりますから、お金持ちであることは絶対優位です。

     

     

  3. キャバ嬢の好みにマッチングする
  4.  

    キャバ嬢もひとりの女性ですから、好みは確実にあります。それは、顔の好みであったり、性格の好みであったりと様々なワケですが、やはり好みの男性には惹かれ恋をするのです。

     

    つまり、お気に入りのキャバ嬢の好みに、自分がマッチングすれば、他のお客はライバルではなくなります。

     

    ・・・。しかし、これも現実的ではないというのは、直感的に感じたでしょう。

     

    そもそも、キャバ嬢があなたに対して理想の男性を本音で語ることはありません。そして、それを知ったところで、容姿を理想に合わせることも不可能です。ダイエットくらいは努力してみてもいいですけど。

     

 

そうなると、キャバ嬢の気をなんとか惹くために、できればお金をかけずになんとかしたいと、あなたも考えることでしょう。

 

特にメールや、ラインといったメッセンジャーの登場により、キャバ嬢との距離は、20年前と比べると格段に近く、またお互いの関係が近づきやすい環境になりました。

 

と、、思うでしょ?逆です。

 

 

メールやラインでキャバ嬢の気を惹くのは高度なテクニックだった

 

その昔は、携帯電話なんてものはありませんでしたから、どうしていたのかは知りませんが、メールの登場は、キャバ嬢との距離を飛躍的に縮めることができました。

 

しかし、キャバ嬢にとってはメールも大切なお仕事です。あなたにお店に足を運んでもらうための営業活動。しかも、自分の時間を削ってのメールです。男性の営業マンも顔負けの精神です。

 

メールは確かに味方にもなり得ますが、多くの男性はメールでさらに失敗を重ねているはずです。特にこういう人は注意してください。

 

  1. 行く気がないのにメールだけはマメなやつ
  2.  

    メールだけで、なんとかキャバ嬢の気を引いてモノにしようと考えてるのであれば、メールもラインもしないほうが良いです。

     

    キャバ嬢は、あくまでも仕事を前提に、あなたと連絡を取りにきていることを忘れてはいけません。行く素振りだけで、店に来ない相手にはストレスを感じるだけです。

     

    お店に頻繁に行けないのは仕方がないことで普通ですが、気を引き止めるためにメールはマメにという考えは捨てたほうがよいです。

     

     

  3. やたら長文でムダに時間を奪う
  4.  

    キャバ嬢は、連絡をしつつも、できるだけ時間を奪われたくないというのが本音です。

     

    しかし、少しでも自分のことを気にいってもらうために、ムダに長い文章で気をひこうとする男は後を絶ちません。

     

    もしも、相手のことを想うのであれば、返事が面倒なものにならないような内容にしなくてはいけません。

     

    少しでも相手が、あなたとのメールを負担に感じてしまえば、そこから先は、仕事としてのやり取りから抜けられない関係へとなっていきます。

     

 

メールで、なんとか気を引きたいという気持ちは私もよーくわかりますが、それこそが自爆になることはよくあることです。

 

多くの男性は、このミスに気がついていないために、自らお客さんへの道へと進んでいきます。

 

メールやラインは、確かに容易に連絡を可能にしてくれたのですが、それは同時にキャバ嬢の負担を大きく引き上げました。

 

キャバ嬢の気をメールで惹くのは、合コンで知り合った女性とのやり取りのようなカンタンなものでは無いということです。

 

 

結局はキャバ嬢を口説くなんて無理なのではないか?と思うあなたへ

 

ここまでハッキリと書いてしまうと、キャバ嬢を口説くことが絶望的に思えてくる人もいるでしょう。

 

時間をかけて通うほどに、お客さんとして扱われていく。

 

マメにメールやラインで連絡をしていたつもりが、キャバ嬢にはますます負担で煙たい存在になっていく。

 

キャバ嬢との出会いはとても容易であるけれども、そこから徐々に近づくことは、一筋縄ではいかないのが現実です。

 

 

そうです。徐々に近づくことが得策ではないのです。

 

 

キャバ嬢とヤルには即日速攻です。

 

キャバ嬢とヤルには即日速攻です。

 

 

大事なところなでの2回書きました。

 

 

キャバ嬢の仕事を理解できて、それを逆手に取ることができれば、キャバ嬢は即日で落ちます。

 

しかし、キャバ嬢の仕事のことを理解せずして、自分のアピールでキャバ嬢の気を惹こうとしている男たちは、圧倒的なお金持ちでないかぎり、確実にお客の道へしか進みません。

 

 

どんな世界にも裏ワザが存在するということ

 

世の中には、決して表では語られることのない、裏側だけの話しがどの世界においてもあります。あなたも何かしらの仕事に携わっていれば、あなたにしかわかるハズのない業界の裏側があるでしょう。

 

夜の世界は、まさに裏側の深い世界です。そもそも、キャバクラの料金のシステムそのものが、あまりに高額ですでに常識のお金の感覚からは一線を超えています。それでも、多くの男性が、その場所に足を運んでお金を落としていくのです。

 

そこで働くキャバ嬢には、様々な事情があります。とにかくたくさん稼いで遊びたい子もいれば、本当に生活のために必死にやっている子もいます。

 

その子は、とても売れっ子かもしれないですし、そう振る舞ってはいるものの、お店では大して売れていない子かもしれません。

 

しかし、彼女たちには、共通の事情がひとつだけあります。

 

それは、キャバクラでお金を稼ぐために働いているということです。

 

そんな彼女たちもまた、世間とは少し一線を置く違う世界の人間です。その世界には、その世界の常識があり、裏側が存在するのです。

 

 

キャバ嬢を口説くことが容易になったその先にあること

 

私は、その世界の裏側を知ったときに、キャバ嬢を口説くことがとても容易になりました。

 

しかも、それは今までとは比較にならないほど、安価に時間をかけることなく可能になりました。

 

もう、週末が待ち遠しくて仕方がない時期もありました。とにかく次々にキャバ嬢を口説くことが、自己欲求を満たし続けました。

 

 

しかしある時から、少しばかり気分が晴れなくなってしまった自分もいます。

 

裏側を深く理解することで、どこか彼女たちには申し訳ない気分になることも時々ありました。

 

キャバ嬢を口説くことはカンタンですが、それが幸せの絶頂であるとは限りません。

 

 

私は、複数のキャバ嬢を同時に口説くことは今は辞めました。あなたにそうしてくださいとは言いませんが、きっとあなたも、数回繰り返しているうちにそうなるでは?と私は思います。

 

 

その裏ワザを知るのはとてもカンタンでしたが・・

 

いわゆるナンパの指南書などなるものが世間にはありますが、私には全く役に立たないものでした。そもそもナンパなんてものは、男目線でしか語られていないのです。

 

キャバ嬢を口説くには、やはり、キャバ嬢の目線から語られたものでなければ意味が全くありません。

 

その裏側の世界は、キャバクラの世界に身を置いた女性にしかわかりようがないからです。

 

 

しかし、現実の世界では、彼女たちは、人に知られないようにひっそりと働いています。

 

もしも、友人であったりすれば知ってることもあるかもしれないですが、彼女たちは、その裏側の世界で起きているお客さんとの恋愛について、異性の友達に真実を話すことはないでしょう。

 

まして、ある日やってきたお客と一晩共にしましたなんて話は、手に入るものではないと思っていました。

 

 

しかし、あったのです。

 

 

→次々にキャバ嬢とヤレる技がここにありました

 

んなもんに2万円も払えるかっ!

 

もちろん、私も最初は思いましたよ。そんなものに2万円も払うバカがどこに居るんだ!!って。

 

その2万円があったら、キャバ嬢に飯でもおごって直接聞けばいいじゃねーか!って。

 

でも、、、聞けませんでした。

 

キャバ嬢の裏側の本音をたかだか2万円の飯の時間で聞きだそうなんてのは無理だったんですよ。しかも、それに気がつくまでに、すでにキャバクラには数十万円落としてるんですよ。

 

 

お金をつぎ込んで途方にくれていたときに私は思いました。

 

「もう、キャバクラ行くの辞めよ・・。」

 

 

キャバ嬢を口説くなんてのは、この頃は遠い夢で、その晩が楽しく過ごせれば良かっただけでした。でも、それには、働いたお金が右から左へ垂れ流しの日々でした。

 

僕は、キャバクラに行くのをやめようと決めて、この2万円をつぎ込むことにしました。

 

 

騙されたと思って買ってみて、またキャバ嬢に騙されて、どうしようもねーなって思えたら、キャバクラ通いも辞められるだろうなと。

 

 

手にした方法はあまりにズルかった

 

僕は、はじめてコレを読んだときに、キョトンとしました。

 

何だコレ・・。こんなカンタンなことが上手くいくのか?ほんとに?

 

キャバ嬢を口説くことは、とてつもない上級のテクニックが必要であると思っていましたが、全くの思い込みでした。

 

このやり方は、キャバ嬢にしか通用しませんが、キャバ嬢のことを理解できれば、自分が描いていた口説くという行為が、的ハズレなことを知りました。

 

 

それがゆえにどこでも公開されるものではない

 

私は、この方法を地元の友達に言ったことはありません。自らライバルを増やす必要がないですし、そもそも、他の人が同じように振る舞い出すと、たちまちにそのノウハウは埋もれてしまいます。

 

なぜなら、他のお客がキャバ嬢のために貢いでくれるからこそ、私という存在が他とは違う男性として認識されます。

 

他のお客さんがいるお陰で、一段とこのノウハウが活きてくるとも言えます。

 

こんなものが無料で出まわっていたりしては、困るのです。また、いつしか、これらは蔓延的に伝わることで、いつしか通用しなくなるかもしれないということも、私は考えています。

 

 

安心してください。2万円は思わぬ形で返ってきます

 

私は捨てる気の2万円でしたが、この2万円は、2ヶ月後には思わぬ形で返ってくるようになりました。いえ、もう何十倍にもなっています。

 

それは、キャバ嬢を口説いてオイシイ思いをしているからという理由ではありません。

 

もちろん、彼女たちと好きなように遊べるようになったことは、最も手にしたかったことですが、それだけではなかったのです。

 

 

2ヶ月もすると、どこかしらから、私とキャバ嬢の関係が友人にはバレることがあります。他のキャバ嬢が、私の連れなどに、こっそり話たりでもするのでしょうね。

 

また、キャバ嬢と昼間に一緒にいると、バッタリと知り合いに会うこともあります。悪い噂は広まるのも早いものです。

 

 

すると、ある時から、私はキャバクラに行くにも、お金を払うことが少なくなりました。

 

私の知り合い達が、おごってくれるようになったのです。

 

 

「アイツはなぜいつも違うキャバ嬢連れて歩いてるんだ?」って。

 

私が、どうやってキャバ嬢を口説いているのかを、ひと目見ておきたいと思いだしたのでしょう。もっとも1回で全てがわかるわけもなく、3回、4回とおごってくれたワケですが・・。

 

2万円が直接に返ってくることはありませんが、思わぬ形で2万円はあっさりと取り返せた気がします。

 

 

→次々にキャバ嬢とヤレる技がここにありました

 

 

 

 

 

即日でキャバ嬢とやる方法|キャバクラ通いは必要ない!記事一覧

入店したばかりのキャバ嬢は狙い目なのか?|キャバ嬢とやる方法

入店したばかりのキャバ嬢は狙い目なのか?できればてっとり早く口説き落とせるキャバ嬢を見つけたいと思ってはいますが、見分け方がわからないという人も多いで多いでしょう。商売慣れした、指名の多いキャバ嬢は、壁も高くライバルも多くて、なかなかとっつきにくいかもしれない。ならば・・。入ったばかりで間もないキャ...

≫続きを読む

キャバ嬢はパチスロがお好き・・・そこに気がついてますか?|キャバ嬢とやる

キャバ嬢は昼間何しているの?昼間もお仕事をして、夜もお仕事をする。頑張り屋なキャバ嬢ももちろん存在しますが、今どき生活のためにとまで言うキャバ嬢は、すでに子供が居るなど家庭の事情があることが多いでしょう。昼間は学校に通いながらという真面目なキャバ嬢も、もちろん居ます。しかし、キャバ嬢の中には、昼のお...

≫続きを読む

お客様だと思われたらキャバ嬢は落ちない|キャバ嬢とやる方法

お客様だと思われたらキャバ嬢は落ちないあのかわいいキャバ嬢を口説き落としたいぜーと思ったら、まずは、自分がお客さんになってはいけません。キャバ嬢にお客さんだと思わせたところから、一気に難易度が高くなります。「え?でも、お店に行ってる時点でお客さんだよな?」まあ、それはそうなんだけれども、ここは少し大...

≫続きを読む

18歳〜20歳のキャバ嬢はお金で落としやすい|キャバ嬢とやる

若すぎるキャバ嬢はお金で落としてしまえばいいキャバ嬢を口説くためには、会話であったり、メールであったり、いろいろなテクニックも必要と言えば必要なのですが、結局のところ、キャバ嬢もお金が目当てのお仕事です。

≫続きを読む

派遣キャバ嬢は落としやすいのか?|キャバ譲とやる方法

派遣キャバ嬢は落としやすいのか?働らき方が多様化している中で、お店に直接在籍していないキャバ嬢が、年々と増えています。派遣でキャバクラにやってくる女の子たちです。ノルマや、電話営業などが無いということからも、気軽に割のいいバイトとして昼間と別に、副業としてやって来ている子が多いですね。さて、派遣でや...

≫続きを読む